“グレー”と”アッシュ”という色について

“グレー”と”アッシュ”という色について

最近ちょっと考えることがあった。

グレーヘア、すなわち白髪

髪の毛一本一本が自然にグレイになる事はなく、白い毛と黒い毛が混ざって生えていて全体としてのイメージがグレイになるからグレイヘアと言われる所以

不明-1

さて、ここからはヘアカラーの話。

髪の毛をあえてグレイに染める事を髪の毛業界では一般的に“アッシュにする”と表現しています。

染める素材が白い紙や布であれば、単純にグレイのカラーをのせれば良いのですが、何しろ相手は髪の毛、真白である可能性は皆無。

黒、茶、黄色の髪の毛を自由自在にグレイ(アッシュ)にすることがどれほど難しいかという毛髪科学や色彩学をくり広げたいところだが、ここでは割愛させていただく。興味がある方は行きつけのヘアサロンで聞いてみてください。

全国のおしゃれ女子(男子)がヘアカラーをする時のオーダーは、髪を赤や緑や黄色に変えたいというより、「少し明るく軽くしたい」という声が圧倒的に多い。

そして人気色の「アッシュにしたい」と同時にそれはつまり外国人風の透明感や、やわらかい質感になりたいということと同義語だと感じている。

おやおや?アッシュやグレイっぽい色とは、色ではなく“透明感”や“質感”なの?もはや色の話からかなりズレているではないか。

しかしここで面白いのは、そもそも色を”立体”として認識している事。そうなのです、色と質感は切っても切れない関係なのです。

色を見ているようで質感を見ている、質感は見るというより経験からの想像なのかもしれない。ここに時間軸も加わると経年劣化で色あせるといったイメージまで広がる。

もしかしたら”色”って平面ではなく、もっとボヤっと抽象的で、しかも4次元的概念なのかもしれないのかな?などと考えてみた。。

不明

先日山田詠美さんの著書4 Unique Girlsを拝読させていただき、その中に”アンチ透明感”という話があった。透明とは色を持たない事で、日本人はなんでそんなに透け透けになりたいのか、透明人間にでもなりたいのか?もっと色を出せといった内容。だったと思う。

(私の説明がずいぶん雑なので山田詠美さんには大変申し訳ないのだが)なるほど、私も美容師として透明感至上主義から脱却して、ゲストにもっと色をつけてあげられるヘアカラーの提案をしよう。

グレイはいろいろなシチュエーションで溶け込むことができる人気の色。

実は私ITOもグレイという多彩なカラーが大好物、グレイグラデーションのファッションに中性的なアッシュのヘアカラーが似合っている女性などを目の当たりにするとかなりシビれる。

そして私のヘアカラー、ここ何年か黒髪だったが調子にのってアッシュにしてみた。

imagejpeg

ダメだ、見事に似合わない。女子スタッフからも不評。

さっそく黒髪に戻そう。