【正しい就職活動用ヘアカラー】黒染めは就活に逆効果!? 自分で染めるのちょっと待った。

ACQUA aoyamaの若手女性スタイリスト小室里奈です!!

まだまだ、就職活動シーズンまっただ中!

街にはたくさんのリクルートスーツを着た就活生を多くみかけますし、サロンでも黒染めにする方も増えてきました!

市販の黒髪用ヘアカラー材で黒染めをしてしまう人もいるとは思うのですが、仕上りの時に「黒染めやって良かったー!! 黒髪サイコー!! ありがとうございます! 嬉しいです! 」とは、正直ならならずに「黒くなったー。暗いな。泣」と思ってしまう方が、多いそうなんです。

サロンでの黒染めと市販のカラー材での黒染め、何が違うんでしょうか?

そこで今回は、どうしても起こりがちな「就活用の黒染め・黒髪がどうして失敗してしまうのか」解説しながら、その対策をお伝えしていきたいと思います。

就活ヘアー

 

 

◎まずは黒髪の良い点&悪い点を知る

【黒髪の良い点】は、

・艶が出る
・落ち着いて見える
・清楚な知的な雰囲気が出る
・肌が白くみえる

などなど沢山あるのですが、どうしても黒染めをしてしまうと、

・黒染めで人工的な「青光り」が異様な雰囲気になってしまう
・お洋服が似合わなくなる
・巻いても柔らかい雰囲気が出にくい
・次回のカラーリングで明るくなりにくく髪の毛のダメージが予想される。

などなどの【黒髪の悪い点】が、どうしても出てきちゃいます。

その中でも、一番の問題なのが「青光り」なんです。

 

◎黒染め失敗の理由:【黒染めで人工的な「青光り」が異様な雰囲気になってしまう】

黒染め・黒髪がどうして失敗しやすいのか、その問題の多くは、黒染めで人工的な「青光り」が異様な雰囲気になってしまう事が、原因です。

でも大丈夫。これってやり方の問題なんですね。
その「まちがった黒染め」で出てしまう「青光り」や、その他の黒髪の悪い点、これらのマイナス面を改善できるポイントをご紹介いたします。

【改善ポイント】は簡単です!

 

◎黒染めではなくダークトーン

黒ではなく「ダークトーンでカラー(色味)」すると「青光り」がなくなります。

「いかにも黒染めしました。」みたいな黒髪は、面接の時にあまり好感はもたれないようです。

「黒染め」ではなく、「地毛の色味に戻すカラー」にすることをオススメいたします♪

_MG_5434

 

_MG_5403

市販のヘアカラー材で「地毛の色味に戻すカラー」を探すのは、なかなか難しい事だと思いますので、正しい就職活動用ヘアカラーにしたい方は、ぜひサロンにご相談ください!

そしてなにより、日本人はやっぱり黒髪が似合うと思うんです!日本人の黒髪本来の良さを就活カラーで再認識していただけたら、、嬉しいです。

◉ 小室のスタイリストページはこちら。
→ http://acqua.co.jp/stylist/rina-komuro

【おまけ】

OFFスタイルをオシャレに過ごすなら

ヘアアレンジがオススメです♪

_MG_5600

 

オシャレして休日は思いっきり楽しんじゃいましょう♪

 

_MG_5651

 

黒髪なら色付き【リップ】が素敵ですよ♪

 

黒髪だからできるアレンジをご紹介いたしますのでぜひ、ご相談ください☆