【ミディアム・ロング向け】簡単お団子ヘアアレンジの作り方

ACQUA aoyama 和田理加子です。

お団子ヘアって可愛いし簡単そうだし、三つ編みや編み込みのできない不器用な私でもできるかも!とおもいますよね。ですがいざやってみると…なんだか上手くできない!可愛くない!そんな相談をよく受けます。でも、こつを押さえれば簡単なんです。

そこで、今日はお団子ヘアアレンジの作り方を解説しようと思います。

ミディアムお団子ヘア6

ミディアムくらいの長さの方はもちろん、ロングの方でも問題無し。

是非チャレンジしてみてください。


◎ お団子ヘア = 手抜きヘアではない!

「お団子って毛先までまとめちゃうし、何もしないで大丈夫だよね?」というのは大きな間違いです!!

簡単に見える髪型だからこそ【下準備】がとっても大切なんです。【下準備】といっても難しいことはしませんが、ポイントを押さえるだけで簡単にお団子ヘアが作れます。

では【下準備】で何をすればいいのでしょうか。
ポイントはたったの2つです。

①アイロンでしっかりめに巻く

巻くコツは、

・毛先だけでなく中間から巻く
・一定方向ではなくランダムに巻く
・しっかりめにカールをつける

以上たったの3点です。

ちなみに、毛先だけ巻いたり一定方向に巻いたのでは、お団子ヘアがきゅっとまとまってしまいます。

少しふわっとさせたいので注意しましょう。

②スタイリング剤はつける!

…とはいいつつも、スタイリング剤なんて星の数ほどあるので、何を選べばいいのか分からないですよね?

そこで私のおすすめ。

ワックスは長い髪にまんべんなくつけるのは難しいし、スプレーだと固まりすぎる!という方、

オススメはこちら→
ミルボンニゼルライトフォグ (左)
ミルボンニゼルスウィングムーブ (右)
ミディアムお団子ヘア9

〈左〉ミルボンニゼルライトフォグ:固まりすぎないソフトめのスプレー。ふわっと感はキープしながら固まりすぎず自然な質感に。
〈右〉ミルボンニゼルスウィングムーブ:スプレーで出てくるタイプのワックス。ワックスなのでカールはキープしながら固まりすぎず、つけた後でも毛先を動かせます。

付け方のポイントは、髪から30~40センチくらい離してまんべんなくふることです。
ミディアムお団子ヘア1
表面だけでなく、めくった内側にもしっかりふることもポイントです。

これで下準備は完璧!
では、プロセスに移りましょう!


◎ ふわっと可愛いお団子ヘアプロセス

 

①手でざっくりまとめて結ぶ

手でざっくりがポイントです。コーム、ブラシ等は使いません。使ってしまうとせっかくの下準備が台無しです。お団子がシニヨンに逆戻り、、、手ぐしも何度も通すとカールがまとまってしまうので3~4回根元のみを手ぐしをするくらいでまとめてしまうのがいいと思います。

ミディアムお団子ヘア2

因みに結ぶ位置は一般的にあご先と耳の位置を結んだ延長がキレイに見えるそうですが、好きな位置でいいと思います。

②お団子のカタチをつくる

ここでのポイントは引っ張らないことです。毛先のほうをまとめて持って、結んでいる根元に引っ張らず優しく巻きつけるだけです。引っ張るとまとまって、またシニヨンになってしまいます。

ミディアムお団子ヘア3

ミディアムお団子ヘア4

③ピンを止める

②の時に持っていた毛先を止めるだけです。しっかり【下準備】しているので少ないピンの本数で止まると思います。

それでも止まらない人は、、、

ミディアムお団子ヘア7

このような小さめのクリップを使うと楽チンです!サイズもデザインも、種類豊富で選ぶのが大変、、、用途も色々あるのでお団子以外でも重宝します。

ミディアムお団子ヘア5

コレで簡単お団子ヘアアレンジの完成です。

ミディアムお団子ヘア6

おだんごヘアのプロセス、いかがでしたか??

これで明日から可愛くできるはず!他にも紹介してきれない小技も沢山あります!

いつでもご相談くださいね!

ACQUA aoyama 和田
https://www.instagram.com/wadariiko/